米ぬか酵素のブログ

米ぬか酵素浴を用いた「酵素温熱免疫療法」の紹介とグループ代表の体験談や論説。

カテゴリ:エッセイ > ちょっといいおはなし

パスワードについては、皆さんいろいろ苦労しているものと思います。ATMの暗証番号に始まってスマホやパソコンのログインパスワード、ネットでの買い物、ホテルや交通機関の予約などなど、生活のあらゆる場面でパスワードの入力が必要になります。4ケタや6ケタの暗証番号で毎日のように使う暗証番号なら記憶しておけばよいのですが、それでもせいぜい2〜3個ぐらいが限界でしょう。
同じ暗証番号やパスワードを多種の口座やサイトなどに使いまわすのは、リスクが増大するので好ましくありません。また、安全性の点では、パスワードは長くて複雑で推測しにくいほど安全となります。
その意味で、長さは最低8文字以上(理想的には12文字程度)がよく、意味不明のでたらめな文字列、数字、記号、大文字、小文字の組み合わせが最も安全となります。ただこうなると最早記憶するなど到底不可能であるばかりか、紙に書いておいたのを見ながら間違えずに入力するにしても手間と時間がかかり、たまりませんし、どこに書いたのかを忘れることも多いのです。その不便さを解消するためのソフトもウイルスソフトの会社からいくつか発売もされていますが、どれもあまり使い勝手がよいとは思えません。

そこでいろいろ考えた結果、一番簡単確実なのは、パスワード一覧表をワードで作っておき、必要な時にコピーして貼り付けて入力すればよいのですが、それですと、万一ハッキングされたときに盗まれるリスクがありますので、安全とは言えません。そこで、その一覧表はPCやクラウドには一切保存せず、外付けのハードディスクやUSBメモリーといった外部記憶媒体に保存しておき、PWの入力が必要な時、そして一覧表を編集するときだけPCに繋ぎます。この時気を付けねばならないのは、ワードで作った一覧表は移動し終わったら忘れずに削除しておくことです。また外付けメモリーは繋ぎっぱなしだとPCに保存してあるの同じことになるので意味がありません。

その都度複雑なパスワードを急いで作るのは面倒ですから、絶対に推察しようのないすごく複雑なのを予め沢山作っておいて一覧表に保存しておき、必要に応じてそこからコピーして使いますが、どのサイトにどのPWを使ったのかを忘れないために、それも同じ場所に記録しておくのを忘れてはなりません。そして万一PWを保存したUSBメモリーが壊れたりしても大丈夫なように、予備のUSBメモリーにコピーしておき保管します。
絶対に安全なPWの例としては Xqpfz%p327%66&snOsxvp4Pqみたいな。とにかくやたらに長くてでたらめなのが理想的です。どんなに長くて複雑でもコピー貼り付けは一瞬で済みます。サイトによってはPWに使える記号とか、大文字小文字の区別の有無とか文字数の制限があったりしますので、指示に従って作り変える必要があります。
IMG_0274
外付けHDDとUSBメモリー   HDDも最近は安くて容量の大きなものが出回っています。

P6270020近年はスマホやタブレットの機能性能が向上したおかげで、あえてパソコンが無くても、日常的な用はほとんど足りるようになっています。そのせいもあって、パソコンの需要は頭打ち状態になっています。業務用の特殊用途は別として、モニターとキーボードが別になっているデスクトップ型は過去のものになりつつあります。ところが、これとは別に、携帯性に優れた薄くて軽量でハイスペックなモバイルパソコンはリチウムイオンバッテリーの性能向上とCPU(中央演算ユニット)の高速化、また、SSD(ソリッドステートドライブ)による読み書き速度と容量の向上とによって非常に使い勝手のよく耐久性が高いものが市販されるようになってきています。また、このように高性能化しても価格的には従来より20%〜30%安くなっているものもあり、新たに購入するときは、このあたりの事情をよく踏まえて商品を選択するべきと考えます。以下にいくつかのポイントをまとめておきます。

1.サイズ:  ノートパソコンは一般的には画面サイズ15.6インチが一般的ですが、現在は画面の精細度が向上し、HD(2K)が一般的になってきています。このため、画面サイズが少し小さめでも明瞭に見えます。また、持ち運びを考慮すると、12.5〜13.3インチ程度がかさばらず軽量です(A4サイズで1堊宛紂法8みもできるだけ薄いのがよい。12〜15ミリのもあります。

2.CPU:  パソコンの心臓部で、処理能力の高いものを装備しているのが最も大事です。多少値が張っても優秀なCPU装備のものを選ばなければなりません。これの性能が低いと起動・再起動とアプリの起動や移動に時間がかかり過ぎ、貴重な時間が無駄になります。具体的には、インテルCORE i5〜i7内臓がお勧めです。現在i7が最もハイスペックですが、コストが安いi5でも通常の使用で支障はありません。

3.メモリー:  従来はHDD(ハードディスクドライブ)が主流でしたが、それに代わってSSD(ソリッドステートドライブ)が主力になりつつあります。これはUSBフラッシュメモリーと原理的に同じで、機械式のメカが無く、すべて半導体による処理ですので、処理速度、省エネ、耐久性の点で極めて有利になっています。ひところは、コストが高く、125ギガ程度の容量が主流でしたが、現在ではHDDと変わらず1000ギガのものも当たり前になり、コストも下がってきています。記憶容量は最低250ギガバイトくらいあれば差支えないのです。万一不足の時は、外付けHDDかUSBメモリーを使うだけですので。

4.バッテリー性能向上により、実質連続使用時間10時間以上を選んでください。

5.画面  現在は4Kパネル付きのものも出回っていますが、2KのHDで十分と思われます。ただし、スマホと同じように使えるタッチパネルの方が何かと便利なのでお勧めです。

6.生体認証  パスワードを忘れてもログインできるよう、指紋認証か顔認証に対応しているべきでしょう。

7.現在主流のWindows10ではOS内蔵のウイルスソフトのディフェンダーが強化充実され、日々アップデートされますので、より多くの機能を必要としない限りはあえて他社のウイルスソフトを購入する必要はないそうです。(日本マイクロソフトに確認済み)

8.できるだけ余計なアプリがプレインストールされていないこと。アプリは自分の必要に応じ自分で選びインストールすべきです。

9.Microsoft Officeは別に買うと高いので、プレインストールされているものにします。Kingsoft(現在はWPSに名称変更)といってワード・エクセルなどとほとんど同じものが数千円で買えますのでこちらでも構わないのですがこの場合はワードと同等のフォントが用意されているタイプを選びます。

以上のような条件をすべてクリアし、同時にコスト的にもこなれている商品を販売しているのは、HP(ヒューレットパッカード)という結論に到達しました。1939年創業の同社は国際売り上げシェアで中国のレノボと1〜2位を争うパソコンの最大手で、品揃え、品質、サービスでトップクラスであります。2年前の組織改革により、日本法人の営業が大幅に強化洗練されました。購入の際は、PC本体や付属品については家電量販店よりもネット通販か、メーカーサイトの直販を利用するのが好ましいです。

古いPCをいつまでも使い続けるのは感心しません。この分野は進歩が速いので、3年も経つと時代遅れになってきます。性能が低いと余計な時間がかかったり、故障が多くなっていらいらしたりして精神衛生上よくありませんし、セキュリティの面でも問題が多くなります。どんなに長くても5年以内には買い換えましょう。また大切なデータを失わないように、外付けの記憶媒体(HDDあるいはUSBメモリー)にバックアップしておきます。古いPCを処分する時は、無料で引き取りとデータ消去を行う業者がありますので、ネットで依頼するのも良いかと思います。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XBB982Q/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

あるサイトでたまたま見かけたちょっといいおはなしを紹介させていただきます。

アメリカに65歳で引退をして、年金を受け取ったおじいさんがいました。
その受け取った金額は、日本円に換算すると9,000円だったそうです。
これでは老後を暮らしていくことができないと思ったそのおじいさんは、現役時代にやっていたレストランで一番人気だったフライドチキンのレシピを、「おれは引退したけど、これは売れるはず。誰かにこのレシピを譲ろう。そのことをビジネスにしよう」と訪ねて歩きました。
「こんにちは。ぼくのレシピでフライドチキンをやってみませんか」
「このレシピをくれるのか、いいね。あんたはどうするの?」
「売上の何パーセントかを僕に下さい。コミッションとして」というふうにおじいさんが来るわけです。
そうすると「何を考えてるんだ、だめだめ。そんなのうちのチキンで十分だ。わざわざあんたのレシピでやる必要はないだろう」と断られる。
ある時には「あんたの頭がフライになってんじゃないの」なんて言われたこともあるそうです。
断られ断られ続けて。
普通、100軒も断られたらあきらめるでしょ。
65歳ですよ。
500軒も歩いて断られたら、「おれのレシピが間違っているのかな」と思うでしょ、普通なら。
1,000軒超えても、彼は歩き続けたそうです。
1,010軒目。
「うん、やってみましょう。じゃあ売上の何パーセントかを、あなたに返せばいいんですね」
それがケンタッキーフライドチキンの1軒目。
65歳で自らの足で歩き始めたカーネル・サンダースが、現在世界トップのフランチャイズ店を持つ。
そのきっかけになったのは、あきらめず、『自分のレシピを信じ続けて、自分の可能性を信じ続けて』歩き続けたおじいさんの熱意、プラス思考、ポジティブシンキングから来ています。
もし10軒目であきらめてたら、もし100軒目であきらめてたら、もし500軒目であきらめてたら、もし1000軒目であきらめてたら、今のケンタッキーフライドチキンはなかった、と思うと、怖くて途中であきらめることなんて出来ません。
自分が信じた道を、自分を信じて、あきらめずに、一歩一歩、歩き続けましょう!



http://www.komenukakoso.jp

このページのトップヘ