米ぬか酵素のブログ

米ぬか酵素浴を用いた「酵素温熱免疫療法」の紹介とグループ代表の体験談や論説。

この国は不思議だ。賭博禁止法というのがあって、花札賭博や賭け麻雀が見つかると刑事罰の対象になるのは皆さんご存じのとおりです。けれども実際には国中いたるところギャンブルだらけです。その代表はパチンコでしょう。平日の昼間というのにどこのパチンコ店も駐車場は満杯で、大勢の民衆が真昼間からギャンブル三昧。海外から来た人がこれを見たら、さぞかしびっくりすることでしょう。庶民のささやかな楽しみといったところなのでしょうが、表向きは景品と交換することになっていても、ほとんどは換金します。それより少し規模が大きいのは所謂公営ギャンブルというもの。競輪、競馬、競艇がその代表。そして最大規模が宝くじなる大博打です。宝くじなどは、購買者への還元率は半分以下で、残りは販売手数料と国庫金(税金)になります。この国最大規模の博打の胴元は一体誰でしょう。さらには東京お台場に公営のカジノを建設しようなどというとんでもない話まで持ち上がっています。

もっとすごいのは、町内会費に上乗せされて強制的に徴収される日赤の募金や、テレビCMでもおなじみの偽善の臭いがプンプンするユニセフの義援金募集などなど。10月1日にはNHKのニュースキャスターは揃いも揃って全員赤い羽根付けてましたが、これだって明らかに洗脳の手段に間違いありません。彼らが個人の自由意思でもって羽根付けて出演するはずもありませんから。庶民はさんざん税金しぼりとられたうえ、さらにそんな全国規模の詐欺行為に騙され続けているわけです。それだけではありません。たばこによる健康被害は科学的に立証された事実であって発がん性という点では下手な麻薬よりも性質(たち)が悪いにもかかわらず、その生産と販売は相も変わらず専売公社あらためJTのやりたい放題で度重なるわずかばかりの増税値上げでお茶をにごされています。そのおかげで、肺がんや肺気腫、口腔がん、喉頭がん、食道がんは増加の一途で、毎年1兆円以上も増え続ける医療費増大に大きく貢献しています。

医療の分野でも異常な事態が当たり前になっていて、だれもそれに異議を唱えようなどとはしません。外科的処置は別にしても、慢性病の治療(実はこれが医療の大部分で、おおよそ全医療の90%を占めているのですが)は慢性病とされる難病の大抵の根本原因が免疫低下あるいはそれによる免疫機能不全であるのに、そこで投与される薬物はすべて素晴らしい免疫抑制効果がありますから確かに一時的には不快な症状は軽減します。ところが実際には症状という免疫・治癒反応が抑制されただけですので、免疫抑制は盗人に追い銭よろしく、さらなる症状悪化もしくは別の病態を引き起こすことになります。小学生でも理解できるようなあほな話でしょう。またしても誰も何も感じないのは一体なぜでしょう?

医療ビジネスの利権40兆円の90%である36兆円はあまりにも巨大で、社会全体がそれに飲み込まれているので、誰かが疑問を感じても、なす術もないというのが実態でしょう。これに追い打ちをかけているといいますか、むしろその根本原因となっているのが国民皆保険制度という一見とても親切な制度ですが、せっかく毎年何10万円も保険料払っているのだからどんどん使って少しでも取り返さなにゃ損とばかり、病院と薬局に押し寄せては免疫抑制の毒物をありがたく頂戴する始末で、それが結果的に重税として自分たちの生活を圧迫することになり、難病呼ばわりされる慢性病は悪くなる一方で莫大な金が治すことのできない医療産業に吸い取られ続けています。ほとんどブラックジョークの世界ですよね。公営ギャンブル同様、こちらも巧妙に仕組まれた詐欺的搾取の手段というわけでしょう。


htp://www.komenukakoso.jp

この国で一番恐ろしくて蔓延している病気は何でしょうか?と問えば、帰ってくる返事は間違いなく、それは癌でしょう。確かに、厚労省の統計によれば、日本国民の3人に1人はがんで死亡していることになっていますので、ある意味それは正しい答えと言えるかもしれません。心臓病や脳卒中なども、待ったなしで生死にかかわるという意味では癌よりももっと怖いかもしれません。しかし、冷静になってよく考えてみると、実際にはそれよりもっとずうっと恐ろしい病気があるとわかります。それは思考停止というとんでもない病気なのです。

思考停止とは、要するに、考えないということ。ギリシャの哲人パスカルは「人間は考える葦である」と言ったそうです。ということは、考えない人間はただの葦に過ぎない。水辺に生えている葦は、大雨で流され、風になびき、草食動物に食われ、何もできずにただ環境に翻弄されるだけのか弱い存在です。牙も爪も強靭な筋力も敏捷性も持ち合わせていない人間は、熊やライオンに襲われたらひとたまりもありません。にもかかわらず、今では地上の覇者になっている。それは、人間には他の動物に比べてはるかに勝った考えるという能力が備わっていたからにほかなりません。その能力によって、他者とのコミュニケーションができ、グループとしての共同作業が可能になり、あらゆる道具や手段を生み出して今日の文明を築き上げることができたのでした。

しかし、皮肉なことに、ある重大な問題が生じました。文明と科学技術の発達に伴いあらゆる便利な物や情報が手軽に手に入るようになったせいで、わざわざ調べたり考えたり工夫したりする必要がなくなったのです。すべてが自動化されマニュアル化され、ただひたすら言われた通り、教えられた通りに行動するのが一番無難で簡単で楽ちんということになったのです。プライベートな時間も、マスコミ媒体や娯楽産業などに非常に巧みに用意された様々なエンターテインメントにフルに費やされます。まるでそれに便乗しないと時代に遅れをとるかのように。その結果、人々の生活には、一人でじっくり考えるなどという時間は最早消滅してしまっています。

一方でこのことは、実は、支配者側にとっては、極めて歓迎すべき状態なのだということを知っておく必要があります。考えず、文句を言わぬ従順な一般民衆を意のままにコントロールするのはいとも簡単だからです。ですから、支配者側は、このメリットを最大限享受できるようにあらゆる戦略を駆使するのは当然のこととなります。その戦略は、小学校からの義務教育そして公共放送を始めとしたマスコミ全体も含めて実に巧妙に仕組まれているので、それを洗脳や戦略の一環であるなどと見破るのは非常に困難になっています。ただ、ひとたびその真実に目覚めることができると、すべては一本の糸ですっきりとつながり、その深淵かつ巨大な悪巧みが見えてくるのです。そして、その仕組みが見えてこない限り現実を正しく理解できないということになり、極端な場合、ただの水辺の葦と同じように自らの生命も財産も奪われてしまう結果になったりします。


http://www.komenukakoso.jp

本日9月1日、沢山のお花に囲まれて米ぬか酵素島田店がオープンしました。P9010116
P9010114P9010108
P9010105
P9010121
P9010123
オーナーの鈴木さん母子 お母様は不動産の会社を経営なさっています 次男の裕明さんはグループ本部で1年間みっちり修業しました。20代の若さでグループ期待の星です。将来の発展が楽しみです。

http://www.komenukakoso-shimada.jp

http://www.komenukakoso.jp

過去の歴史を振り返ると、どんなに壮大な出来事もその始まりはほんの些細なちっぽけなひらめきに過ぎなかったことに気がつきます。「鳥のように空を飛んでみたい」という単純な夢は空どころではなく宇宙飛行まで実現しました。そこまで壮大でなくても、ビジネスの世界では、無数のサクセスストーリーがあります。

鎌倉の海岸で金もなく途方に暮れていたイギリスから来たある少年は、砂浜できらきら光る貝殻を拾い、それを使って宝石箱を作ることを思い立ち、その結果シェル石油ができました。65歳で無一文になったカーネルサンダースは自分が昔考えたフライドチキンの自慢のレシピを売り歩くことで世界最大のフランチャイズチェーンを作り上げました。スティーブジョブズは、だれでもが買えて簡単に使えるコンピュータを作ろうと思い、世界最初のパソコンを開発し、アップルコンピュータを創業しました。

そのような偉業はむろん一個人の力で成し遂げられたわけではありませんが、はっきり言えることは、いずれのケースでも、すべての始まりは一人の人間の心に秘められたちっぽけで単純な、それでも焦がすような熱い想いに過ぎなかったということでしょう。その想いはまるでワインのように来る日も来る日も心の奥底で発酵熟成醸成されながらその周りに共感する人々を巻き込んで行き、何年か経って、ついには世界的な巨大事業にまで成長したのです。


http://www.komenukakoso.jp

あるサイトでたまたま見かけたちょっといいおはなしを紹介させていただきます。

アメリカに65歳で引退をして、年金を受け取ったおじいさんがいました。
その受け取った金額は、日本円に換算すると9,000円だったそうです。
これでは老後を暮らしていくことができないと思ったそのおじいさんは、現役時代にやっていたレストランで一番人気だったフライドチキンのレシピを、「おれは引退したけど、これは売れるはず。誰かにこのレシピを譲ろう。そのことをビジネスにしよう」と訪ねて歩きました。
「こんにちは。ぼくのレシピでフライドチキンをやってみませんか」
「このレシピをくれるのか、いいね。あんたはどうするの?」
「売上の何パーセントかを僕に下さい。コミッションとして」というふうにおじいさんが来るわけです。
そうすると「何を考えてるんだ、だめだめ。そんなのうちのチキンで十分だ。わざわざあんたのレシピでやる必要はないだろう」と断られる。
ある時には「あんたの頭がフライになってんじゃないの」なんて言われたこともあるそうです。
断られ断られ続けて。
普通、100軒も断られたらあきらめるでしょ。
65歳ですよ。
500軒も歩いて断られたら、「おれのレシピが間違っているのかな」と思うでしょ、普通なら。
1,000軒超えても、彼は歩き続けたそうです。
1,010軒目。
「うん、やってみましょう。じゃあ売上の何パーセントかを、あなたに返せばいいんですね」
それがケンタッキーフライドチキンの1軒目。
65歳で自らの足で歩き始めたカーネル・サンダースが、現在世界トップのフランチャイズ店を持つ。
そのきっかけになったのは、あきらめず、『自分のレシピを信じ続けて、自分の可能性を信じ続けて』歩き続けたおじいさんの熱意、プラス思考、ポジティブシンキングから来ています。
もし10軒目であきらめてたら、もし100軒目であきらめてたら、もし500軒目であきらめてたら、もし1000軒目であきらめてたら、今のケンタッキーフライドチキンはなかった、と思うと、怖くて途中であきらめることなんて出来ません。
自分が信じた道を、自分を信じて、あきらめずに、一歩一歩、歩き続けましょう!



http://www.komenukakoso.jp

9月1日オープン予定の島田店を一足先にのぞきに行ってきました。P8190038

P8190046


屋根付きガレージの右奥にお店の入り口につながる通路があります。玄関は向こうに見える木戸の手前左側です。P8190052
P8190054
玄関を入ると正面には古びた石造りの米蔵のがっしりした鉄扉が・・・おっと、お店の入口はそこではなくて、右側です。P8190097
P8190056

店内に入るとすぐに待合談話スペースと受付カウンターがあります。P8190058

そのすぐ左は1番脱衣室入口で、中はこうなってます。P8190065
P8190069
奥のドアを開けるとホッカホカの酵素桶が待っています。P8190073
P8190093

オープンしたらまたレポートいたします。

予約受付中です。 米ぬか酵素島田店☎0547−37−3477
http://www.komenukakoso-shimada.jp

米ぬか酵素グループHP→http://www.komenukakoso.jp

先日新加盟店として愛知津島店をご紹介しましたが、付近にビジネスホテルが無いため仕方なく?店から車で15分くらい離れた蟹江町という場所に宿をとりました。そこはビジネスホテルではなく、温泉旅館で、これ以外の選択肢はなかったのでした。その名も尾張温泉湯元別館といい、街中には珍しく白壁で囲まれたレトロな別世界で、部屋はすべて離れの一戸建てになっています。隣には20数台は収納可能な広い平地の無料駐車場があり、大変助かります。看板が小さく地味なので、見落としそうですがこの白壁がよい目印になっています。P6260056

駐車場の好きな場所にハイエースを置いて、キャリーバッグをひきずりながら正面玄関を入ると、すぐに左手の事務所兼食堂から絶妙のタイミングで人なつこそうな支配人が出てきて迎えてくれ、右側奥の部屋に案内してくれました。玄関を上がると6畳間でその向こうには広い廊下があり、右手には洗面台、左手には広々した浴室とこれまた広い洋式トイレがあり、1人で泊まるには何とももったいないのです。室内は障子やふすまがあって「昭和レトロ」といった風情で趣があります。P7050012

さて当館最大の売りである大浴場ですが、自宅?から外に出て、徒歩10秒の隣の離れに女湯と男湯があります。つくりは古いものの隅々までよく掃除が行き届いていて、清潔感があります。浴室と湯船は定員3名ほどの狭いものですが、何分にも6部屋しかない小さな旅館ですからこれでも広すぎるかもしれません。お湯はナトリウムの多いアルカリ性の源泉そのもので、かなり熱くて、ぬるめ好きの方は、水を足さないと大変かも知れまん。かなり熱いにも関わらず、不思議と10分ほど浸かっていることができました。硫黄分がほとんどないと見え、臭いがありませんし、お湯は無色透明で、非常に良質と感じました。あとで調べてみたら、やはりこの尾張温泉は全国名湯100選に入っているそうで、やっぱりなと感じ入った次第です。そして、湯から出た後がすごい。汗の出方が米ぬか酵素浴と同じではんぱでない。気分爽快、疲れなど吹っ飛んでしまいます。P7050009

平日でしたので、泊り客は私の他には1〜2名程度でしたし、全室別棟ということで、実に静かな晩でした。朝食は支配人自らの手作りの和食で品数も多く、特に焼きたての魚と熱い味噌汁は感動ものでした。宿代も朝食付き、平地の無料駐車場、極上の温泉込みで7000円程度と格安で大満足でした。


http://www.komenukakoso.jp

あなたは感じませんか?このざわめき・・・何かとてつもないことが起きそうな予感・・・何かが大きく変わろうとしてる・・・いったい何が変わろうというのか?

http://www.komenukakoso.jp

毎日病院や診療所に押し寄せる人々の90%は慢性病患者で、怪我や感染症、あるいは脳卒中や心臓発作で救命処置が必要な人たちは10%に満たないのです。慢性病に対する薬物による対症療法は症状の緩和抑制にとどまり、完治させることはありませんし、薬物の免疫抑制効果によりさらなる病気を増やす結果となります。つまり医療費の90%は無駄に捨てられているばかりか、さらなる無駄を生み出し続けているということになります。

少し遅くなりましたが、グループHPで既に掲載されているように、6月から7月にかけて米ぬか酵素グループの新しい加盟店が3店舗続けてオープンしましたので紹介させていただきます。
それぞれのお店の詳しい情報は、URLをクリックしてHPをご覧ください。

金谷大代店 6月10日オープン
http://www.komenukakoso-kanaya.jp

P6080003-001
橋を渡り、正面の建物の右奥が米ぬか酵素の入口です。

P6080004
大代川・・・大井川に合流します。

P5230095
オーナーの孕石(はらみいし)さんは大工さんなので、お店は自分で作りました。

P6080007
お店入口

P5230089
受付カウンター

P5230087
待合談話スペース

P5230088
脱衣室入口

P5230091
酵素桶は2基あります

P5230093
酵素室とシャワールーム



西焼津店 6月13日オープン
http://www.komenukakoso-nishiyaizu.jp

P6080013


P6080019


P6130031
オープンの日はお花がいっぱいでした。

P6130040-001
美人お姉さま二人組が一生懸命皆様のお世話をします

P6080022
待合談話スペース ゆっくりおくつろぎください

P6080024
脱衣室への通路 

P6080025
脱衣室

P6080029
酵素桶は3基あります


7月4日 愛知津島店オープン
http://www.komenukakoso-aiti-tusima.jp

P6250050


P6250046


P6260084
オーナーの石坂さんご夫妻

P6260088
待合談話スペース

P6260090
脱衣室への通路 

P6260091
脱衣室

P6260094
酵素桶は3基あります

P6260108
酵素室


米ぬか酵素グループHP↓
http://www.komenukakoso.jp



免疫低下による免疫機能不全があらゆる慢性病の直接原因であることが明らかなのに、治療薬という名の毒物はすべて免疫機能を一層抑制しますから薬物をいくら使い続けても治るはずがないという単純な理屈をなぜ多くの人々が理解できないのか不思議でならないのです。


ついでにこちらもご覧ください
慢性病と免疫
米ぬか酵素グループ


人間の価値ってのは、その人が何を言ったかではなくて、その人が人々のために実際に何を成し遂げたかで決まるんじゃないかといつも思う。


米ぬか酵素グループ↓
http://www.komenukakoso.jp

このページのトップヘ